ペーパーレス化でエコになる|経費削減も夢じゃ無い

レディ

エコの他にも利点あり

男性と女性

業務効率化とBCP実現

ペーパーレス化を日本語に訳すと、紙を無くすことである。これを見ると、単純な紙減らし、エコを思い浮かべる。勿論、印刷枚数を減らすことにより、環境に優しいという面はある。また、2つ目のメリットとして紙の印刷を減らすことで、紙購入費用やプリンターのトナーやインク代を削減できる点も挙げられる。紙の保管費用等も削減できる。しかしながら、ペーパーレス化の意義はこれにとどまらない。3つ目としては、業務効率化である。ペーパーレス化に伴い、従来紙で閲覧または記入していた書類は電子データにすることになる。すると、紙には無かったメリットが生まれる。手間をかけず、複数の場所でかつリアルタイムに同じ情報を共有または更新できるようになる。情報の共有や更新に要していた稼働が削減できるだけでなく、場所を問わず仕事が可能になり、お客様対応や意思決定のスピードも早くなる。さらに、4つ目のメリットは、BCPの実現である。電子データをPCやタブレットとは別の場所に保存するクラウドサービスを併用することで、災害や事故等万が一の時にも情報が失われず業務を継続できる。対応履歴等も失われず、お客様の信頼も保つことができる。このような多くのメリットがあるペーパーレス化だが、多額のIT投資を伴うのがこれまで悩みであった。しかし、近年は携帯やスマホ、タブレットが普及し、個人端末をセキュリティを保ちながら業務用途に使用できるようなサービスも広がり、少ない投資で実現が可能である。未導入の企業には、ぜひ薦めたい。